NICE HOME

自宅の劣化を防ぐためにも外壁塗装をしておこう

定期的な工事が必要

建物の寿命にも影響する

作業員

静岡で外壁塗装工事を行う際には、その目的をよく知っておくことで工事の必要性を理解することが出来ます。
まずなぜ外壁塗装工事が必要かといえば、建物の外壁というのは塗装が完了した時点から必ず劣化が始まっていきます。
外壁は絶えず雨風に晒される部分でもあるので、劣化の進み具合は建物の中でも比較的早く、数年で汚れが付着していき、10年経過したころには塗膜の浮きやヒビ割れが出てきます。
これらを放置してしまうと、躯体部分に対してどんどん雨水が侵入していき建物の耐用年数を下げてしまう原因ともなるのです。
静岡の外壁塗装業者ではこうした外壁の劣化部分をきちんと探してその部分の塗膜を除去してから塗装工事をしてくれるので、外壁が著しく劣化している建物でも直すことができるのです。
静岡ならば業者数も多く、いくつかの塗装業者に見積もりを依頼してから実際に任せる業者を決められます。
一戸建てで今までとは違うカラーに外壁塗装を塗り直す場合でも、特殊な加工が施されている家でも対応してくれるところが必ずあります。
外壁塗装は10年を目処に改修をしていくことで建物の寿命をより長くすることが可能です。
戸建住宅の外壁外構工事の他にも、マンションの大規模修繕についても対応できる塗装業者がありますから、建築物の大小にかかわらず、静岡の適切な業者に塗装を頼むようにしましょう。
外壁塗装を行う目的としては大切な住宅や建物を雨水や劣化から守るという点にあるのです。

建物の寿命にも影響する

絵具

静岡では外壁塗装の人気が高くなっていて、海岸に近い場所などでは、よく外壁塗装が行われます。
海岸に近い場所では塩分や湿気対策を外壁に施すことが大切です。
外壁は砂ホコリにさらされていて、酸性雨や紫外線を浴び続けていて、定期的なメンテナンスが必要です。
雨漏りの予防のためにも外壁をメンテナンスをすることは、とても大切です。
静岡で外壁塗装をすることで、住まいの外観を綺麗に新鮮にすると同時に防水対策をとることができます。
静岡で外壁塗装をする際には、コストを意識することも大切です。
外壁塗装にかかるコストには工事の足場代や高圧洗浄代や飛散防止やシーリングにかかるコストや塗料にかかるコストなどが含まれます。
静岡で外壁塗装を住まいに施す時は、コストパフォーマンスを考えることが重要です。
シリコン系塗料は耐用年数が高くて、価格的にお得でとても人気があります。
外壁の塗装は築10年を目安に考える必要もあります。
外壁を定期的に塗装しなおすことで、住まいをより長持ちさせることができます。
外壁塗装をする際には、ライフプランを考慮することも大切です。
長くその住宅で生活する時は、耐用年数の長いシリコン系で外壁塗装をすると良い場合が多いです。
外壁塗装に使用する塗料には、フッ素系樹脂塗料やウレタン樹脂塗料やアクリル樹脂塗料などがあります。
外壁塗装をする時は、地域の降水量なども考慮して防水性の高い塗料を選択することも大切です。

建物の寿命にも影響する

家

外壁塗装をする際は、どこに依頼するかが大きなポイントとなります。
なぜなら、業者によって、外壁塗装のやり方や料金には大きな差があるからです。
そして、静岡で外壁塗装をする際には、依頼先は「大手メーカー」か「静岡の地元業者」のどちらかになります。
この場合の大手とは、全国規模のチェーンや、TVCMなどでの宣伝を行っているような規模の業者を指します。
そして、まず「大手メーカー」のメリットは、第一に信頼度です。
大きな会社であれば、施工の品質が一定の基準以上を保証されていますし、ネームバリューがある分、それが損なわれるようなことをしません。
つまり、手抜き工事や不当請求の可能性が極めて低く、安心して依頼することが出来るのです。
反面、実際の施工は下請け業者になるための中間マージンの発生、広告料や人件費の分料金は割高になるのも特徴です。
ですから、その部分を何かあった時の保証、いわゆる「安心料」として納得できる人向けとも言えます。
そしてもう一方、静岡の地元で外壁塗装を行っている業者は、コストパフォーマンスの良さが利点です。
自社で工事を請け負うため、中間マージンが発生せず、大手と比較すると安く済むのです。
また、静岡の気候や適した塗料などに詳しいのも特徴です。
そして、このタイプの業者はそれぞれに基本の施工プランやできることの範囲に差があるため、他社との比較が欠かせない点に注意が必要です。
以上のように、外壁塗装の依頼は、大手と地元業者のどちらを選ぶか、それぞれのメリットをよく考えて決めることが大切です。

定期的な工事が必要

作業員

静岡で外壁塗装を行う際には、なるべく10年前後のスパンを目処に行うことが大事です。この感覚で行えば建物の躯体部分への雨水の侵入を防ぐことができますから、いくつかの業者から見積もりを出してもらい気に入った業者に施工依頼しましょう。

詳しくはこちら

外壁塗り替え時の料金

塗装

静岡の外壁塗装費用の相場は80万円程度となっており約10〜13年間の耐久性があります。更に安くしたときは60万円台で施工できますが、約5〜6年の耐久性となっています。耐久性を重視する場合は80万円程度かかると考えておきましょう。

詳しくはこちら

湿気や塩分から守るため

塗装

高い山と海に挟まれている静岡では、湿度が上昇しやすく、住宅の外壁が劣化しやすいと言えます。そのため、撥水性と弾力のあるシリコン系塗料を使った外壁塗装がよく行われています。また、潮風に含まれている塩分をシャットアウトする無機質塗料にも需要があります。いずれの場合も、施工後は外壁の持ちが良くなります。

詳しくはこちら